給付型奨学金で初会合 平成30年度の開始目指す

文科省は7月4日、有識者を加えた給付型奨学金制度検討チームの初会合を開いた。法改正を視野に、平成30年度の大学入学者などを対象に制度設計を目指す。だが、財源のめどなどが立てば29年度春からスタートさせる可能性もあるという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。