家族とよく話す子ほど 金銭の使い方が計画的

金融広報中央委員会はこのほど、「第3回子どものくらしとお金に関する調査」の結果を公表した。家族と会話をする頻度が高い中・高校生は、金銭の使い方が計画的である傾向がみられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。