藍染め体験で学びを深める 図工の授業で

東京都八王子市立横山第一小学校(青木利夫校長、児童数561人)は、2020年の東京五輪を見据えたオリンピック・パラリンピック教育と日本の伝統文化理解を深める実践などに力を入れている。7月12日には、学外講師を招き、6年生の図画工作で初めて「藍染め」の流れを学び、染めを体験する授業を行った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。