切れ目のない入学支援で システムを運用

福島県いわき市はこのほど、「いわきっ子入学支援(保幼小連携)システム」の運用開始を明らかにした。何らかの配慮が必要な児童の入学・進学に際し、関係機関が一貫した支援を行うのがねらい。将来的には、学校種を貫く運用を目指す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。