切れ目のない入学支援で システムを運用

福島県いわき市はこのほど、「いわきっ子入学支援(保幼小連携)システム」の運用開始を明らかにした。何らかの配慮が必要な児童の入学・進学に際し、関係機関が一貫した支援を行うのがねらい。将来的には、学校種を貫く運用を目指す。

同システムは、未就学児の療育・相談等の支援情報を就学先(小学校)に引き継ぐ。確実な伝達のために、相談内容や配慮事項を記載する「いわきっ子入学支援シート」を活用する。シートは来年度の市内小学校入学児童に配布。提出は希望者だけとする。

学校は、提出されたシートの内容に基づき、支援会議を実施。保育所・幼稚園・子育てサポートセンター等関係機関や保護者と支援情報を共有し、支援方針を検討する。

実際の授業や教職員研修などで、子育てサポートセンターの専門職が指導にあたる「子ども理解と対応を促進するためのサポートプログラム」も行う。教委と共同で、学級担任がプログラムを活用しながら学級運営を行えるよう支援する。

市は、昨年度から同システムのモデル事業を市内小学校で実施。それを踏まえ、今回の運用開始に至った。入学支援シートに、支援会議・サポートプログラムを組み入れてシステム化したのは、福島県内で初となる。

将来的には、中学校、高校と移行するにあたり、切れ目ない支援に向けた取り組みを目指す。

関連記事