熊本地震で教員178人がうつなど高リスク 震災対応で

熊本市教委は、市立小・中・高校と幼稚園の全教職員4597人を対象に、精神状態について調査した。2813人が回答し、その6.3%に当たる178人に、うつや心的外傷ストレス障害(PTSD)の疑いがあるのが明らかになった。調査は、5月16日から6月3日までに実施された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。