危険な目に遭った児童1割 興味・親切系の誘いに注意

「クラスの児童が危険な目に遭ったことがある」と、担任教員の1割が回答。時期と場所は「7月~9月」「下校中」「路上」で、声掛けや連れ去りなどの被害が集中していた。巧みにかけてくるのは、興味や親切心をそそる誘い文句――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。