一億総活躍プランを第2次補正に 自民文科部会で

第2次補正予算案に議論された自民文科部会
第2次補正予算案に議論された自民文科部会

安倍晋三首相は7月20日、大規模な経済政策を打ち出すために内閣総理大臣指示を出した。平成28年度第2次補正予算案を秋の臨時国会に提出する見通しだ。これを受けて自民党の文科部会は同日、文教関係の補正予算案にニッポン一億総活躍プランや熊本地震の復興に向けた施策などを盛り込むことを決めた。

今年度の第2次補正予算案には、同プランに示され、29年度に導入される所得連動返還奨学金のシステム整備費のほか、公私立の学校施設の耐震化の予算が計上される。これに加えて、待機児童解消に向けて、幼稚園や認定こども園の環境整備費なども入れられた。

佐賀県の情報教育システムが不正ログインされ生徒の個人情報が盗み取られた問題もあり、学校情報セキュリティの強化を図る。

熊本地震や東日本大震災の復興予算も第2次補正に組み込む。

熊本地震で校舎が損壊するなどした国公私立学校のほか、社会教育施設、文化財の復旧に予算を当てる。熊本県内で被災した幼児や児童生徒の就学支援も行う。このほか、両震災で被災した大学生などを対象に授業料を免減するとした。

自民党の党内手続きを経て、今月29日以降には平成28年度第2次補正予算案が官邸に提出される見込みだ。

関連記事