所得連動奨学金で日弁連が意見書 制度の見直し求める

来年度導入予定の所得に応じて返還月額を変える所得連動型返還奨学金制度について、日弁連は「利用者に大きな負担を強いる危険がある」として制度の見直しを求めた意見書を7月20日、馳浩文科相に提出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。