自民党の政治的中立性調査 識者から懸念の声も

国政選挙で初の「18歳選挙」となった参院選をきっかけに、自民党は「学校教育における政治的中立性についての実態調査」と題して、不適切な事例を同党サイトで募集していた。これについて識者は、「教育現場が萎縮する」「検証自体は理解できるが、懲罰的な処分をするのでは主権者教育の流れが止まる」と警鐘を鳴らす。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。