SNS被害などでヒアリング 学校安全部会

中教審初中教育分科会は7月26日、文科省で学校安全部会の第2回会合を開催。有識者や委員から、子どものネット犯罪被害状況や対策、安全教育の普及などについてヒアリングを行った。「防犯対策について社会全体で啓発する必要がある」といった意見や、SNSによる被害では「無断で自分の写真が載せられた」が最も多かったなどといった報告があった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。