業務改善調査 苦情サポート都道府県で4割台

文科省は7月28日、業務改善に向けた各教委の取り組みについて調査結果を公表した。多忙化の一因となっている保護者や地域の要望・苦情などサポート体制を構築している教委は都道府県46.8%、政令市75.0%、町村40.2%となっていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。