川遊びで自然を楽しみ生きものを学ぶ 有事対応にも

国交省関東地方整備局、川崎市などによる多摩川流域協議会は、7月26、27の両日、小学生を主対象にした「夏休み多摩川教室」を同市の多摩川河川敷で開いた。子どもたちが地域の川の流れを体感し、有事対応の力を磨いた。生き物調査と観察コーナーも設置し、河川の自然や生きものの生態に理解を深めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。