不登校対策で最終報告書 「休養」の重要性を訴える

文科省は7月29日、不登校児童生徒への支援策をまとめた最終報告書を公表した。切れ目のない支援を目指して「休養」の重要性や不登校児童生徒の現状を把握するためのシートの活用などを示した。8月上旬にも全国の都道府県・政令市教委に通知として発出する見込みだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。