学習支援や食事提供 長野県が子どもの居場所づくりで

長野県は、一人親家庭などの小・中学生支援として、学習サポートや食事提供などで家庭機能を補完した「子どもの居場所」を同県松本市と飯田市に、7月末と8月初旬に開設する。子どもたちが地域の人との温かなつながりを築き、困難を乗り越えて自立する力を育むのを目指す。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。