次期学習指導要領で審議まとめ案 年内の答申を目指す

 次期学習指導要領の「審議まとめ(案)」が、8月1日に開かれた文科省教育課程企画特別部会で示された。「社会に開かれた教育課程」の実現を掲げ、アクティブ・ラーニング(AL)の視点から学習過程の改善方策が示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。