「怒り禁じえない」 文科相が相模原事件で

相模原市緑区の知的障害者支援施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が死亡、職員2人を含む26人が負傷した殺傷事件が起きて1週間が経った8月2日、馳浩文科相は「決して許されない出来事であり、怒りを禁じえない」とのメッセージを公表。メッセージは文科省サイトに掲載された。

馳文科相は、特別支援学校の、全国400カ所ほどの寄宿舎に在籍している約8800人の児童生徒についてふれ、「ご家族の中には、不安に感じておられる方もいることと思います。その気持ちに、ていねいにより添っていきたい」と呼び掛けた。

また学習指導要領に明記してある「交流及び共同学習」にふれ、「学校教育を通じて障害に対する理解が進むようしっかりと推進してまいります」と強調した。

文科省は事件が起きた翌日の7月27日に、全国の特別支援学校や寄宿舎に、安全管理を徹底するよう各教委に通知を発出した。警察などの関係機関にも協力要請を行った。

相模原市緑区の津久井やまゆり園には、献花をする人が絶えない。

関連記事