学びの系統性を意識 小6と中1が共同学習

都教委と都へき地教育研究協議会は8月5日、国立オリンピック記念青少年総合センターで「平成28年度へき地・小規模校教育研究発表会」を開いた。研究テーマは「ふるさとで心豊かに学び、新しい世界と未来を切り拓く子供の育成」。会場には教職員など約200人が来場した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。