実物の菓子を使ってプログラミング体験 アプリを提供

GLICODE操作イメージ
GLICODE操作イメージ

実物の菓子を使い、楽しみながらプログラミングが体験できるスマホ用アプリを、江崎グリコ株式会社が開発した。総務省が若年層を対象にプログラミング教育を推進する「プログラミング教育実施モデル実証事業」に選定され、8月4日からアプリの提供が開始されている。

アプリ名は「GLICODE(グリコード)」。小学校低学年向けで、同社の菓子数種にプログラミングコードを持たせた。ルールに従って並べていき、キャラクターの「ハグハグ」を動かしてゴールを目指す。手軽に遊びながら、プログラミングのロジックを、体験を通して学べる。

まずは、実際の菓子を並べる。各菓子が担うコードは「SEQUENCE(順番に実行)」「LOOP(繰り返し)」「IF(場合分け)」「RANDOM(ランダム)」など。並べ終わったら、なるべく真上からカメラで撮影。すると、アプリがそれを読み込み、プログラムに変換。実行ボタンを押すと、プログラミングした通りにハグハグが動き出す。

同社では、「思った通りにハグハグが動いたら、そのお菓子を食べ、頭に栄養をあげて、次のステージに進んで新しいロジックを学んでください」としている。

東京都小金井市立前原小学校の松田孝校長は、「具体的操作期にある低学年にとって、最高の教材ではないでしょうか」と話す。

iOSへは8月下旬に対応予定。9月下旬には、同校でGLICODEを活用した公開授業が行われる。

関連記事