防災週間と津波の日で 一層の意識高揚や体制整備を

 安倍晋三内閣総理大臣を長とする中央防災会議は、「平成28年度『防災週間』及び『津波防災の日』について」と題して、その趣旨の周知徹底を図るよう、各省庁などに求めた。これらにふさわしい各種行事などを実施し、防災意識や防災知識の普及、防災体制の整備に、一層努めるよう、啓発などのポイントを示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。