いじめや不登校防止に向け KJQで子どもの内面を把握

〈心の基礎〉教育を学ぶ会は8月18日、第5回研究会を都内で開催した。いじめや不登校の防止を目指した、児童生徒向けの心理検査ツール・教育教材「KJQマトリックス」(実務教育出版)を使ったケース検討会や実践報告、菅野純早稲田大学名誉教授による講演などを実施。小・中・高校の教育関係者や学生などが参加した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。