障害学生の修学を支援 差別解消法を踏まえ骨子案提示

障害のある学生の修学支援に関する検討会は8月17日、文科省で第5回会合を開いた。事務局から「第二次まとめ」の骨子案が提示された。4月に施行された障害者差別解消法を踏まえた「合理的配慮」や「不当な差別的取扱い」に関する考え方などが明記されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。