審議まとめ案で文言の工夫を どう教えるか明確に

中教審初等中等教育分科会教育課程部会は、第20回教育課程企画特別部会を8月19日、文科省で開いた。同部会が8月1日に示した次期学習指導要領に向けた審議のまとめ案を確認し、委員が意見を交わした。アクティブ・ラーニング推進の中で教科書を使った指導のあり方をどう考えるかや、学習指導要領と学校教育目標を関連づけたカリキュラム・マネジメントの実現などで文言の工夫が指摘された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。