高校生が防災講座で 多様な災害対策や過去の事例学ぶ

千葉県は、学校や地域で防災活動に貢献できる人材やリーダーを育てようと、県内高校生を対象にした「防災パワーアップ講座」を8月18、19の両日、千葉市のビジネス支援センターで開いた。生徒は、過去の大震災から効果的な災害対策を学んだり、グループワークでより良い有事対応のあり方を検討したりした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。