児童養護施設の子どもが大学で学び体験 名古屋市立大

名古屋市立大学が「ようこそ大学へ!プロジェクト」を実施している。児童養護施設や母子生活支援施設の小・中・高校生を同学に招待し、子どもたちに、研究室を訪れてもらう中で、学びの意欲や関心を高めてもらうのがねらい。夏休み中に開催したプロジェクトでは、子どもたちが大学の研究について教授に質問。学生から宿題を見てもらったり、学生食堂に行ったりするなど、たくさんの学びや経験を積んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。