第2次補正閣議決定 文科省は総額3574億円を追加

政府は8月24日の臨時閣議で、平成28年度第2次補正予算案を閣議決定した。文科省は総額3574億円を追加する。学校のトイレ改修やバリアフリー化などの環境整備に2024億円と大半を投じる。さらに佐賀県教委の情報漏えい事案を受けて、学校のセキュリティ強化に1億円、熊本地震の復興関連に463億円をそれぞれ充てる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。