子どもの地域参画促す仕組みを 千葉県が総合教育会議

森田知事も熱い思いを示した
森田知事も熱い思いを示した

千葉県は、学校、家庭、地域の連携による教育力の向上をテーマにした今年度の第2回総合教育会議を8月24日、同県庁で開いた。県内の取り組みとして地域住民の声を学校運営に生かす「1000カ所ミニ集会」などの事例を説明。委員からは、子どもたちが地域の一員として積極的に活動に参画するための仕組みづくりが指摘された。森田健作知事は、活動にうまく関われない児童生徒の背中を押すサポートの工夫を願った。

前半は、県内の学校、家庭、地域が連携した教育実践について、各部局が報告した。

教委は、次期学習指導要領がうたう「社会に開かれた教育課程」を示し、今後、学校と社会が一層、子どもの教育目標を共有し、学びを進めていく点にふれた。

地域連携の具体策では、県立高校や特別支援学校で地域住民や保護者を委員にした「開かれた学校づくり委員会」を設置。地域の声を学校運営に生かしながら、地域ぐるみの交流や教育力向上を図っている。政令市である千葉市以外の県内全公立学校を会場にした「1000カ所ミニ集会」も実施。学校と保護者、地域住民が多様な教育課題について膝を交え、本音で語り合う場にしているなどと話した。

四街道市内の学習コミュニティーで学生と生徒が主体的に地域ぐるみの教育を進める「チームよつてら」の取り組みも説明。高校生と大学生が自ら企画を考案し、市内の小学生への学習支援、食育や野外活動など、特色ある教育講座を提供している。地域児童の居場所づくりや異年齢交流の機会、高校生と大学生自身の地域貢献や成長にもつなげている。

一連の事例から、今後の地域ぐるみの教育力向上の視点を委員が提案した。

金本正武委員は、▽地域の自然災害対応などに子どもが参画する仕組み▽子どもの教育を学校と家庭、地域が協働して進める体制▽子どもが社会とふれ、理解を深めるためのキャリア教育の充実――の3点を重視するべきと提言。

上西京一郎委員は、子どもたちが地域のさまざまな大人と関わり、学びや活動を進めていけるようにするための体制や人材整備を進めたいと述べ、子どもの積極参加を後押しする仕組みも工夫してはと主張した。

森田知事からは、地域参画の活動に、うまく関われない子どもをサポートし、背中を押す視点や仕組みも大事にしたいと強調。委員の意見に謝意を示した。

関連記事