地域連携の取り組みを発表 高校生が小中で活動も

相模原市教委は、市内で教育に関わるさまざまな立場の人が集い、子どもの健全育成について話し合う教育研究発表会を8月23日、市民会館や教育会館などで開催した。8テーマの実践を発表。地域性を生かした子どもの育成を考える分科会では、PTAと学校が連携した取り組みを報告した。生徒が地域の担い手として活躍するイベント運営や地域と推進する参加型環境学習などもあった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。