過労死ライン超えて残業 名古屋の新任教員

今年4月に着任した名古屋市立中学校の新任教員の残業時間が月平均で100時間に迫ると、愛知県教職員労働組合協議会(愛教労)が調査結果を8月22日に発表した。国が定める「過労死ライン」は月平均80時間。部活動の対応などによって、同ラインを大幅に超える結果となった。

調査は、名古屋市教委が行った初任者研修会の対象者65人のデータを愛教労が分析したもの。市立中の教諭は、パソコンで出退勤時間を記録している。

午前8時15分から午後4時45分までの勤務時間以外の在校時間を残業と見なした。

月別平均は、赴任直後の4月が93時間、5月が89時間、6月が98時間で、毎月20人以上が100時間を超えていた。最多時間は名古屋市港区の教員の197時間(6月)。調査を行った65人の教員のうち、63人が部活動顧問を担当していた。

また愛教労は同日、「教員の多忙化解消プロジェクトチーム」を発足させた愛知県教委に対し、教員の多忙化解消に向けて提言した。

具体的には、▽休憩時間の確保▽時間外勤務の中止▽中学校部活動での生徒全員加入や教員全員顧問の禁止――など。教育労働者・教職員組合としての立場からいくつかの視点を示し、教員のおかれている現状を変革する道筋をつけるのを目指す。

愛教労は「すべての教職員が人間らしい働き方と生活を取り戻すことは、より豊かな教育環境を作り出すことにつながり、ひいては本当の意味で子どもたちのためになると確信している」としている。

関連記事