教育の本質は実践科学 いま感性や深さをこそ問おう

共創型対話学習研究所(代表・多田孝志金沢学院大学教授、目白大学名誉教授)の第2回研究大会が8月27、28の両日、信州大学しなのき会館で開催された。教員、校長、研究者など、2日間で延べ80人ほどが参加。実践と理論の往還の中で、21世紀に生きる子どもたちに、真に育みたい感性や知性について、熱のこもった発表や話し合いが繰り広げられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。