段階的に育む力見据える 文教大で学級づくりセミナー

文教大学生涯学習センターは、学級経営に悩む教師に向けた学級づくりセミナーを8月26日、埼玉県越谷市の同学で開いた。より良い学級を築くための理論と実践を講師3人が指導した。大前暁政京都文教大学准教授は、クラス運営の土台として、ルールを大事に全ての子が安心・安全に過ごせる指導の必要性を指摘。段階的に子ども同士の協働性や自治力を育てたいとして、ピラミッド構造の中で具体的な視点や実践を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。