教育と入試の一体改革を説明 高大接続でフォーラム

大学コンソーシアム八王子は、中教審答申や各大学の実践事例を示しながら、今後の大学教育と高大接続改革について考えるフォーラムを8月29、30の両日、東京都八王子市の学園都市センターで開いた。文科省高等教育局大学振興課の角田喜彦課長は、高校と大学教育、大学入学者選抜を一体的に変革する高大接続システム改革について報告。リクルート進学総研の小林浩所長は、同改革の3つのアドミッション・ポリシーを踏まえた特色ある大学入学者選抜や教育の事例を説明した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。