児童が給食で防災米食べる 災害時の意識を高める

児童が給食で非常食を食べて防災意識高める――。東京都八王子市教委は、8月30日から9月5日までの防災週間に市立小学校23校で、災害時の備蓄食料「アルファ化米」を給食などで提供する取り組みを推進している。9月1日は、同市立松が谷小学校(辻泰成校長、児童数293人)で給食のカレーライスに同米を使用し、全校児童が味わった。同米は市の防災倉庫に保管されている点や、市が熊本地震被災地に支援物資として提供したなども説明した。食を通じて児童の防災や備えの意識を高め、有事の助け合いの大切さも考えさせた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。