電子黒板10万台を突破 校内のICT整備進む

文科省は8月31日、全国の全公立学校を対象とした「平成27年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(速報値)」を発表した。タブレット端末の配備数が前年度よりも10万台増加して25万台を超えたほか、電子黒板の総台数が初めて10万台を突破した。一方、教員のICT活用指導力については、実践的な指導に課題が見られる結果となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。