児童重症事故で 2730万円支払う和解承認案を提出

和解承認案を提出した柏市
和解承認案を提出した柏市

千葉県柏市の市立小学校で5年前に、けんか相手に体を投げられた児童が頭を打って重症となった事故で、同市は9月2日、和解の承認を求める議案を、同日開会した市議会に提出した。23日に採決される。

同議案によると、和解金額は7800万円。市は2730万円を負担し、5070万円はけんか相手の両親が負担する。

事故が起きたのは平成23年6月。けんかで投げられた児童は床で頭を打ち、嘔吐の症状があったが、教諭らは病院への搬送を怠って症状を悪化させたとして、児童の両親が同市とけんか相手の両親に、1億4600万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていた。

関連記事