スクールロイヤーで研究調査 文科省が概算要求に

不登校やいじめ、学校管理下の事故などで、学校と保護者などとの間にトラブルが生じる。ときにそれは、訴訟に発展している。こうしたなか、文科省は平成29年度の概算要求に学校での法律相談に応えることができるようにスクールロイヤーの研究調査を新たに盛り込んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。