話を聞いてくれる 「学校の先生」はわずかに2.0%

話を聞いてくれる人」として「学校の先生」を選んだ児童生徒はわずかに2.0%。家族や友達など身近に話を聞いてくれる人がいないと「ひとりぼっちだと思う」――。群馬県大泉町が8月26日に公表した「子どもの生活」実態調査の結果から、このような傾向が明らかとなった。これを受け、町は子どもの居場所づくりや学習支援などに重点的に取り組む方針。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。