心の中がアクティブ それがアクティブ・ラーニング

教員をはじめとする教育関係者が集う「第7回 学習する空間づくり勉強会」が9月3日、都内で開かれた。次期学習指導要領をテーマに、東京学芸大学の善元幸夫兼任講師の基調講演が行われ、この勉強会の呼びかけ人である寺脇研元文科省審議官と教育関係者約30人が出席した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。