弱視と肢体不自由の生徒 地下鉄バリアフリー化で意見

東京都交通局はさきごろ、都営地下鉄のバリアフリー化推進のために、特別支援学校生徒による地下鉄利用体験プログラムを実施した。東京2020パラリンピック開催の4年前となり、障害のある人たちの声を地下鉄のサービス改善に生かすのがねらい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。