教員の養成・採用・研修一体改革 改正教特法など提出へ

教員の養成・採用・研修の一体的な制度改革を実行するための改正教特法などの関連法案が、9月26日にも招集される臨時国会で提出される見込みだ。教員採用試験の共通化や、教員養成系大学、教委、校長会などが構成員となり、教員育成指標などを検討する「教員育成協議会(仮称)」の設置を義務化する。こうした改革を通じて「学び続ける教員像」を具現化していく。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。