教員研修の在り方で識者に聞く 哲学や当事者企画必要

答申「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について」(昨年12月)では、現職教員研修の改革としてさまざまな具体策が示されている。同答申審議時の中教審委員で、前東京都品川区教育長の若月秀夫政策研究大学院大学客員教授と、校内研修について研究し、各地の教育センターで講師を務める京都教育大学の榊原禎宏教授に、これからの教員研修の在り方を聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。