教育の公財政支出32位 教員労働時間は加盟国で最長

OECDは9月15日、教育に関する調査報告書「図表でみる教育2016年版」を世界同時発表した。それによれば、2013年のGDPに占める教育機関への公的支出の割合は日本が3.2%で、比較可能な33カ国中で下から2番目だった。教員の労働時間はこの中で最も長かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。