AIで「解けない問題」を予測 学習プロセス最適化に道

学習レベルに応じて、解ける問題のレベルは異なる。解けない問題にばかり時間をかけていては先に進めないし、自信を失っていき、学習効率は上がらない。もし、その学習者に「解けない問題」が事前に分かり、最適な問題を出していけたら――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。