3.11 福島原発事故以降の放射線教育について聞く

3.11の福島原発事故を受け、「科学的な視点に立って放射線教育を実践できる中学校教員の養成が急務」と、北海道教育(H)、愛知教育(A)、東京学芸(T)、大阪教育(O)の教員養成4大学が、「HATO放射線教育プロジェクト」に取り組んでいる。9月には理科教員志望の学生らに、4日間にわたる合同集中授業を行った。同プロジェクト責任者の鎌田正裕東京学芸大学教授に、3.11以降の放射線教育と、4大学の取り組みについて聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。