指導死の遺族が文科省に要望書 指導中の安全配慮を

教員の行き過ぎた指導によって、子供を自殺に追いやってしまう「指導死」。その遺族でつくる「指導死」親の会が9月16日、子供たちへの正しい指導をするための安全配慮義務などを求めて、文科省に要望書を提出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。