チーム学校でシンポ 職種間の葛藤を考慮に協働

中教審答申「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について」(平成27年12月)をめぐり、どのような協働の形が可能かなどを考えるシンポジウム「チームとしての学校を考える―多職種協働と学校組織―」が9月18日、日本教育社会学会第68回大会の一環として、名古屋大学で開かれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。