媒体はデジタルよりも紙 中高生の読書活動を調査

中高生の読書活動についての調査結果を、東京学芸大学の腰越滋准教授が、日本教育社会学会第68回大会(9月17、18日開催)で発表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。