子供の「学び方」指導の共有を 西留安雄元校長に聞く

子供の「学び方」指導を全教員で共有しよう――。高知県教育センター教職研修部で若年教員研修アドバイザーを務めている西留安雄元東京都東村山市立大岱小学校長(「カリキュラム・マネジメントとチーム学校の連動」連載中)は、同校の校長時代から大胆な学校経営に取り組み、成果を上げてきた。次期教育課程を見据え、同氏に、学校経営や授業改善の課題などを聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。