給食献立と児童生徒のアレルギー情報 一元化して管理

児童生徒のアレルギー情報を一目瞭然に見られるシステムを、兵庫県西宮市教委と県内のソフトウェア開発会社が共同で開発した。今年10月から一部の小学校で試験導入する。来年度には市内の全小・中学校に広げる方針だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。