1600年分の自然災害を収録 災害年表マップをWeb公開

Web上で公開された「災害年表マップ」
Web上で公開された「災害年表マップ」

国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)はこのほど、日本全国の約1600年間におよぶ自然災害事例をWeb地図上に表示する「災害年表マップ」を公開した。日本地図上で地域の自然災害を知り、今後起こり得る自然災害に対して備えるきっかけにするのがねらい。

盛り込まれているのは、▽地震災害▽火山災害▽風水害▽斜面災害▽雪氷災害▽その他の気象災害の6ジャンルについて。知りたい災害ジャンルと日本地図上の地点、発生年をクリックすると、市区町村単位で、発生日や災害規模などを示すデータを表示できる。

収録期間は西暦紀元416年から2013年まで。約5万件が収録されている。

元データは、過去の災害事例をデータベース化した「災害事例データベース」。「年表マップ」で表示されるのは、このデータベースの一部の情報。データベース本体は、今年度末の公開を予定している。より詳細なデータは、データベースの「事例カルテ」から見られる。

マップの利用上の留意点としては、①災害別種のアイコンは災害発生位置ではなく、市区町村の庁舎が代表地点としてプロットされている②災害別種のアイコンは、複数災害事例が同じ地点で収録されている場合、該当自治体でその年最後に発生した自然災害を示している――などがある。

社会科や理科、防災教育などで、自分たちの暮らす地域で、過去に発生した自然災害について、歴史をさかのぼって調べられる。データベースが公開されれば、より詳しい調べ学習が可能となる。電子黒板で大きな地図として見せたり、手もとのタブレットPCで拡大して見せたりするなど、工夫次第で授業に活用できそうだ。

あなたへのお薦め

 
特集