体育館の床板でけが 消費者安全調が経過報告公表

体育館でバレーボールやフットサルのプレー中に床に滑り込み、床板から剥がれた木片が体に突き刺さる事故が多発している。消費庁の消費者安全調査委員会はこうした事案についての経過報告書を公表した。今後は本格的な調査に乗り出し、予防策につなげていく。特に学校の体育館は、授業でも地域開放でも使われるので、施設管理は万全にしておかなくてはならない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。